キャバ嬢たちの真実を大公開!あなたは痛客か良客?本命恋人の条件とは?

キャバクラを楽しむ皆さん、ふと「キャバ嬢の本音」を思い浮かべたことはありますか?彼女たちも表面上は笑顔で接していても、心の中では「イライラしている」場合もあるのです。自分は大丈夫だと思っている方や、キャバ嬢にもっとモテたいと考えている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

キャバ嬢の本音は??

キャバクラ通いをしている男性にとって、「キャバ嬢の本音」は気になるもの。付き合っているつもりでも、彼女たちが仕事である以上、どうしても気になりますよね。

今回は、キャバ嬢の本音について大暴露し、また、その中には耳が痛い話もあるかもしれません。しかし、ここで向き合うことで、器の大きさが試されます。 痛客に当てはまる場合、キャバ嬢からは彼氏候補どころか「いつ切ろうかな」と思われている可能性があります。しかし、「痛客」と「良客に変わる元痛客」の間には、天地のような差があります。痛客であることに自覚があるなら、そこから変わっていきましょう。

キャバ嬢が思う痛客ってこんな奴

逆に、本命彼氏候補に当てはまる特徴があれば、自信を持って攻めていけるでしょう。 キャバ嬢たちが本音で「痛客」と思っている人に当てはまる特徴は以下の通りです。

  • セクハラをしてくる
  • キャストドリンクを飲ませない
  • 彼氏のように振舞ってくる

これらは、キャバ嬢から見てかなり嫌われるポイントです。特にセクハラについては、お触りが禁止されているキャバクラで、無理やり触られることにより、心をすり減らす女性もいます。

これは、痛客かどうかよりもっと大きな問題です。 キャバ嬢の本音を理解し、キャバクラで確実にモテる男を目指しましょう。 キャストドリンクを飲ませないお客さんは、キャバ嬢から興味を持たれにくいです。初対面でドリンクを断ると、彼女たちは「お客さんになる可能性は低い」と判断します。また、キャストドリンク無しで通う人は痛客と認定されることがあります。

彼氏のように振舞う行為も注意が必要です。例えば、友達に彼女を紹介したい、両親に紹介したい、キャバクラをやめろなどの行動や発言は、痛客の典型です。キャバ嬢とのLINEも営業方法の一つであり、恋人風なLINEをしても来店につながらなければ意味がないというのが本音です。

キャバ嬢が思う良客ってこんな奴

  • アフターよりも同伴してくれる人
  • 来店予定だけをスマートに連絡してくれる人
  • キャバ嬢の仕事を理解してときどき助けてくれる人
  • 機嫌が悪くならず、場の空気を読める人

これらをカバーすれば、あなたは良客になります。良客はお店全体から好かれ、より居心地の良い時間を過ごせます。 同伴を積極的に誘ってくれる人の重要性を理解していて、初めて誘う時に「同伴」というキーワードをしっかり入れてくれる人は、キャバ嬢にとって神客です。その理由は、同伴を明確に伝えることで安心感と信頼感が生まれるからです。 また、

  • 来店予定だけをスマートに連絡してくれる人
  • キャバ嬢の仕事を理解して、たまに助けてくれる人
  • 場の空気を読んで、機嫌が悪くならない人

も、神客の条件です。 キャバ嬢に限らず、女性が抱えやすい不安を察して、先回り解消ができる男性は間違いなくモテます。特に長期的なお付き合いを望む場合は、兄や父親のような距離感で、仕事を応援してくれるお客さんほど貴重です。

そして、機嫌が悪くならず、場の空気を読んでくれる人は、痛客と良客の違いです。キャバ嬢の本音として、機嫌が悪くなる人は「面倒くさい」だけ。ぜひキャバ嬢から愛される、スマートな飲み方ができる男でいてください。

大公開!キャバ嬢が理想の彼氏候補の特徴とは?

キャバ嬢が理想の彼氏候補に求めるポイントを以下にまとめます。 最低限、良客であること 当然ですが、良客になれない男性は彼氏候補にはなれません。キャバクラデビューをする方や、痛客から改心したい方はまず良客になることを目指しましょう。

良客とは、女性が嫌われる要素を持った男性や、勘違いして一方的に気持ちをぶつけるタイプの人物ではありません。キャバ嬢も彼氏に求める条件は普通の恋愛と変わらないものです。

一方通行でないコミュニケーションを心がける キャバクラで出会ったとしても、真剣交際に発展するためのポイントは、一般的な恋愛と同様に相手とのコミュニケーションが重要です。「嫌な気分にさせるかもしれない行動」や「喜んでもらえるかもしれない行動」を考慮し、お互いを理解しながら信頼関係を築いていくことが求められます。

まとめ

以上のポイントを参考に、キャバ嬢からの好印象を得ることができるでしょう。さらに良客を目指すことで、キャバクラでの楽しみ方が大きく変わり、意外なサービスを受けられたり、キャバ嬢から心を開かれるようになるかもしれません。どの店に行っても大切にされる飲み方を身につけ、キャバクラを楽しんでください。

簡単にキャバ嬢を落とせる!中洲の帝王が語るキャバ嬢の落とし方の極意

特別な才能は一切なし、1年で200万円使うが、1人も落とせず・・・
そんなダメダメな自分がNo.1キャバ嬢を落とし、ドンドンと攻略をできるようになったマインドや落とすためのテキニック・やってはだめなことなどを出し惜しみせずお伝えいたします。